ペット保険に入る前に誤飲させない環境作り

ペットを飼っているみなさん、万が一あなたの大切なペットが、小さなボタンや釣り針、人間の薬やビニールの切れ端など、誤飲してしまった場合は、すぐに動物病院へ連れていって獣医さんに処置してもらいましょう。

誤飲したものがペット体内に留まった状態のままだと、胃腸がつまったり、肝機能障害を起こしたり、内臓を傷つける恐れがあります。
飼い主として、いつでもペットの健康状態に注意しておくことが大切です。

ペット保険では、事故としての誤飲を保険の対象としている保険会社と飼い主の過失であるとして保険の対象外としているところで大きく分かれます。
もしも、あなたのペットがしばしば誤飲をするような習慣がある場合には、ペットの誤飲の保障があるペット保険を選ぶようにしてもよいかもしれません。

そして、何よりも大事なのは、飼い主がペットの誤飲を避けるための環境作りをしてあげることです。
あなたの家族は、あなたしか守れないことを覚えておきましょう。