人間が食べているものを食べたがるクセを直した体験談

室内犬なので、わたしたちが食事中に、同じものを欲しがる時期があって、大変でした。
飼い主自身も、辛抱ですよね。
切ない顔と声で、くう~んとねだられるから、ついあげたくなってしまうのですが、そこはグッと我慢。

もし、一度あげてしまったら、「もらえるんだ!」と、あっという間にクセになってしまいます。
実際、こうやってあげ続けて、ワンちゃんが肥満症になって、病気になった例はたくさんあるので、気をつけなければいけません。
人間には良くても、犬には人間の食べ物は合わないのです。
とにかく、決してあげないことが第一。

そして、数回、我慢できなくて、テーブルの上のおかずを、パクッと食べてしまったことがあったのですが、そのときは、鼻っ面をピシッとたたきます。
頭をたたくのは、あまり効果はありません。

毅然とした態度で、「いけない!」と言いながら鼻っ面をピシッ!
これが一番効きます。痛く叩くのでは無く、はじくと言った方がいいかもしれません。

わたしはどうしても甘いほうなので、笑いながら怒ったりしてしまうのですが、犬は賢いので、この人はたいしたことないな・・・と、すぐに見破ります。

毅然とした態度で叱り、できたらよく褒める、というやり方で、わたしの母は、見事にうちのワンコの敬意を勝ち得ていました。