猫の詰め研ぎなどによる家具のダメージはこうして解決した

どの猫も同じだと思いますが、柱や壁での爪研ぎのために自宅はずいぶん傷めつけられてしまいました。
また柱や家具の角に体をすりすりするため、その部分は黒く汚れてしまいます。爪研ぎを始めたらすぐにしかるようにしていたのですが、それが逆効果だったのか、いつしか人を呼ぶときに爪研ぎをするようになってしまいました。

体を家具にこすりつけてはいけないことは、どうにも教えられずにいました。

この悩みを知人に話したところ、爪を研がれてしまう場所や体をすりつける場所に両面テープを貼るとよいと教わりました。
猫はそこに触ると毛がくっついて痛い思いをするため、徐々に近づかなくなるというのです。さっそく試してみました。
しかし両面テープでは家具や家を逆に傷めてしまいそうだったため、養生テープを輪にして貼ることにしました。
その代わりに、猫用爪研ぎ器を買って来て与えました。効果は数日で現れました。猫は新しい爪研ぎ器で爪研ぎするようになったのです。養生テープには多少猫の毛がくっついていました。何度かくっついてしまって近寄ることに懲りてしまったのでしょう。